東京オートサロンで見た懐かしの…

著者:パフォーマ

東京オートサロンで見た懐かしの…

いささか旧聞に属する話ですが、東京オートサロン2017に行ってまいりました。

実際に幕張メッセに行かれた方、雑誌やWEBなどでご覧になった方も多くいらっしゃるかと思います。

小職はここ数年、毎年足を運んでいるのですが、今年のショーで多く見られた懐かしのアイテムがありました。

それは「オーバーフェンダー」。

1970年代〜80年代にかけ、カスタム業界で大流行したアレです。

東京オートサロン2

ヤングオート、Autoマキシマムチューニングカー、ホリデーオート(Oh!My 街道レーサー)…。

昔の自動車雑誌の誌面を、多数のカスタムカーがにぎわせておりました。

40歳代以上で、昔「ヤンチャ」をしていた覚えのある方は、目頭に熱いものがこみ上げてくるのではないでしょうか?

その発祥は当時の4輪レース「富士グランチャンピオンレース(グラチャン)」からであると思われます。

市販車でもトヨタ カローラレビンや日産 フェアレディZなどのスポーツモデルに標準装備されていました。

ところが折からのヤンキーブームもあり、いわゆる“族車”の括りで世間(=警察)から白い目で見られることも少なくありませんでした。

ちなみに白い目で見られたのは大半が違法改造だったから。車検の際に構造変更を申請すれば、合法的に公道を走行することもできます。

ともあれ90年代に入る頃には人知れず淘汰され、ほぼ絶滅危惧種状態となりました。

それから30年、まさかの大復活です!

東京オートサロン3

東京オートサロン4

大復活のきっかけは数年前、愛知県にあるリバティ・ウォークというカスタムパーツショップが、フェラーリ、ポルシェ、ランボルギーニなどのスーパーカーをカスタマイズしたことにあるようです。

高額車のボディを惜しげもなくカットして、オーバーフェンダーをビス打ちで止めるので非常に勇気の要るカスタムではあります。

東京オートサロン4

東京オートサロン5

それがアメリカのクルマ好きのセレブの目に留まり、爆発的に広まっていきました。

彼の地ではすでに、日本発のクルマ文化であるD1——ドリフトがカー・ガイたちの心を鷲掴みにしておりました。

どちらも猛々しさと華美を極めた世界観が、時代を超えて、国を越えて評価されたのではないでしょうか。

趣味嗜好は人それぞれあるかと思いますが、日本発の文化が海外で評価されているところを見ると、嬉しくなってきます。

今度は何が出てくるのか、来年のオートサロンが楽しみです。

(WS)

著者について

パフォーマ administrator

あなたの乗っているクルマ。加入した保険。毎日のコスメ。街で触れたタッチパネルのデジタルサイネージ。それらは私たちパフォーマの制作したSP・教育ツールが関係しているかもしれません。販売する人、購入する人、使う人、みんなから満足していただけるのが私たちの喜びです。 目的・意向を考え抜き、プランニングし、プロデュースし、クリエイティブを重ねていく。それこそがプロフェッショナルな制作会社の在り方だと信じています。ぜひご相談ください。「カタにはまらず、カタまらず」。私たちは既成概念に捉われない柔軟な基本姿勢で、期待を上回る「価値」を提供します。

コメントを残す

コメントは承認待ちです。表示されるまでしばらく時間がかかるかもしれません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください