育毛剤・・・僕はそれを〈脅迫商品〉と呼ぶ

著者:パフォーマ

育毛剤・・・僕はそれを〈脅迫商品〉と呼ぶ

脅迫商品。

穏やかではない名称だけど、僕にとってそれは育毛剤のこと。

20代の頃から「おまえは絶対ハゲる」と言われ続けた僕ではあるが、50代になっても、けっこう大丈夫。(だと思っている)

同窓会で優越感に浸れるし、仕返しすらできているのだ。わはは。

初心者向け(?)育毛トニックスプレーを使っていたが、歳を重ねるにつれ「これでいいのか?」と不安になり、ドラッグストアに行くと、ついつい高価な育毛剤に目がいくようになる。

高い・・・買うのをやめようかな・・・

「50代になってもこの髪を維持していられるのは、本当にその育毛剤のおかげなのか?」

「実は、育毛剤なんて使わなくても、大丈夫だったのではないのか?」

さて、この次の思考が「脅迫商品」たる所以なのだが、「使うのをやめた途端に、ごっそり抜けおちるのではないか?」

かくして、育毛剤を買い物カゴに入れてレジに並ぶことになる。

効用を自分自身で確かめるためには、いったんやめるしか方法はないのだが、それはこわい。

だったら確かめなくていい。ごっそり抜けたらもう取り返しがつかなくなるじゃないか!

ということで、育毛剤を買い続けるハメになるのだ。

しかも加齢とともに強い(高い)商品を試さなくてはいけないような気もしてくる。(まるで麻薬中毒者だ)

栄養補助食品系も、かなりの「脅迫商品」に思える。

疲れにはこれ1本! ごくごく・・・ おお、元気になったぞ!

でも、ほんとにそのおかげだったの?

やめた途端に、疲れやすくなるかもしれないって思うと、やめられない。

このように、いったん使い始めたら、やめられなくなってしまう商品を僕は「脅迫商品」と呼んでいる。

その商品は、無くなりそうになると、決まって僕に囁く。

「やめてもいいんですよ。でも、やめたら、その髪、どうなっても知りませんからね。うひひ」

こわい、こわいけど、付き合いをやめられない・・・

脅迫商品は、またの名を「腐れ縁商品」ともいう。

女性の化粧品、特にアンチエイジング系のスキンケア化粧品も、そうかもしれない。

「このお手入れをすれば・・・でも、使うのを止めたら・・・うふふ・・・どうなっても知りませんよ・・・ふふふ」

かくして女性は次から次へとスキンケア化粧品を追い続けることになる・・・ああ、大変そうだ・・・

育毛剤より、効果は実感できそうですけど、いかがですか?

追記

僕はもう何年も前のことになるけど、某大手化粧品メーカーの「育毛剤に取り組んで十数年」という研究者から話を聞く機会があった。とても真摯な紳士でありました。

その育毛剤の効果は、信じて疑っていません! 高過ぎて買えないけど。

著者について

パフォーマ administrator

あなたの乗っているクルマ。加入した保険。毎日のコスメ。街で触れたタッチパネルのデジタルサイネージ。それらは私たちパフォーマの制作したSP・教育ツールが関係しているかもしれません。販売する人、購入する人、使う人、みんなから満足していただけるのが私たちの喜びです。 目的・意向を考え抜き、プランニングし、プロデュースし、クリエイティブを重ねていく。それこそがプロフェッショナルな制作会社の在り方だと信じています。ぜひご相談ください。「カタにはまらず、カタまらず」。私たちは既成概念に捉われない柔軟な基本姿勢で、期待を上回る「価値」を提供します。

コメントを残す

コメントは承認待ちです。表示されるまでしばらく時間がかかるかもしれません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください