湯を沸かすほどの熱い愛

著者:パフォーマ

湯を沸かすほどの熱い愛

10月29日より公開の映画「湯を沸かすほどの熱い愛」を観に行きました。

未見の方はまず予告編をご覧ください。

ご覧になるとわかりますが、余命もの(そんな括りがあるのかわかりませんが)です。

私の好みからすると普段は観に行かない内容なのですが、学生時代の同級生が監督をした作品なので渋々ですが観に行きました。

観終わって、「先入観はいけないな」と改めて感じました。この記事をご覧のみなさんにお勧めしたいと思います。

お勧めしたいポイントは多々あるのですが、今回は3点のみお伝えしようと思います。

シナリオが魅力的

昨今の映画のほとんどに漫画や小説などの原作がありますが、この作品は監督自身のオリジナルシナリオでそのシナリオを読んで宮沢りえさんが出演を決めたそうです。

商業映画デビューの監督のオリジナルシナリオに宮沢りえさんが主演をしようと思ったのですからそれだけ魅力的な内容だと思えませんか?

役者さんの演技が素晴らしい

宮沢りえさんが今までに演じたことのない強さを持った母親像を演じています。

オダギリジョーさんの憎めないダメ親父ぶりも、子役の杉咲花さんと伊東蒼さんもとってもいいです。

このキャストを中心に出演者の演技に引き込まれること間違いなしです!

驚きのラスト

開始早々から涙を啜る音と笑いが聞こえる本作ですが、そんな音も静まり返る衝撃のラストが待っています。

この最後をどう思ったのか、色々な人の感想を聞いてみたくなります。

大規模な予算でつくられている作品ではないので、宣伝を広くできていないのは残念ですが、昔のいい日本映画のようでいて今までにないタイプの新しい日本映画だと思います。

まだまだ公開していますので、是非ご覧になってください。
 
映画『湯を沸かすほどの熱い愛』オフィシャルサイト

著者について

パフォーマ administrator

あなたの乗っているクルマ。加入した保険。毎日のコスメ。街で触れたタッチパネルのデジタルサイネージ。それらは私たちパフォーマの制作したSP・教育ツールが関係しているかもしれません。販売する人、購入する人、使う人、みんなから満足していただけるのが私たちの喜びです。 目的・意向を考え抜き、プランニングし、プロデュースし、クリエイティブを重ねていく。それこそがプロフェッショナルな制作会社の在り方だと信じています。ぜひご相談ください。「カタにはまらず、カタまらず」。私たちは既成概念に捉われない柔軟な基本姿勢で、期待を上回る「価値」を提供します。

コメントを残す

コメントは承認待ちです。表示されるまでしばらく時間がかかるかもしれません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください