映像制作 ファイル形式と圧縮

映像制作において、ちょっと面倒なファイル形式。

弊社では長年webやデジタルサイネージで動画コンテンツを作成してきました。

そこで間違いや勘違いのおきやすいファイル形式をできるだけ簡単に解説してみたいと思います。

コンテナとコーデック

映像制作2

動画をWebコンテンツなどに使用する場合は規格に合わせるために圧縮をします。

映像と音声それぞれに圧縮をかけ、この圧縮をコーデックと言います。

仮に「MP4」ファイルをつくるために、映像コーデックは「H.264」音声コーデックは「MP3」にしたとします。

この時、コーデックのかかった映像・音声データを格納するのが「MP4」と言うコンテナになります。

コーデックの種類

映像制作3

ここでは、コンテナとコンテナに格納できる代表的なコーデックを表にしてみました。

ほんの一部しか記載していませんが、この中でも「映像コーデック」は数え切れないほどの種類があります。

Webやデジタルサイネージなどの他、スマートフォンや携帯ゲーム機などの新しい規格に合わせて増えたり過去のものが消えたりしています。

この表の中で少しだけ説明を。

コンテナの「AVI」はWindowsの代表的な映像コンテナで、「MKV」はWindows10に合わせて発表されたWindowsの次世代映像コンテナです。

「MOV」はMacの代表的映像コンテナで、その中の「Apple ProRes」コーデックは映像編集をするときのコーデックとして採用されています。

また音声コーデックに数カ所記載のある「LPCM」は「リニアPCM」の略で、圧縮をしないで格納する高音質音源です。

一部のDVDビデオや音楽CDに採用されています。

圧縮クオリティ

コーデックの他には圧縮の各種設定があります。重要な3点だけ取り上げたいと思います。

ビットレート

3点の中で最も重要な項目です。

ビットレートは1秒間にどれだけの情報を入れているかを表しています。

単位は「bps」です。

参考として、地デジは15〜17Mbps、映画のDVDは9Mbpsです。

YouTubeのHD動画は3Mbps〜5Mbps位に感じ、ニコニコ動画のエコノミー制限時は400kbps位に感じます。(アップロード後の変換値は公開されていないので、印象です)

ビットレートを大きくすればするほど画質は良くなる理論ですが、ファイルサイズが大きくなってしまうデメリットもあります。

配信先(サイネージやYouTubeなど)によってもビットレートの制限があります。

フレームレート

フレームレートは1秒間に何コマの動画かを表しています。

単位は「fps」です。

フレームレートは基本的には素材のフレームレートを優先しますが、配信先で指定がある場合はそちらを優先します。

参考として地デジは29.97fps、映画は24fpsですが、30fpsや60fpsの素材もあります。

この数値が大きければ大きいほど映像の動きが滑らかになるのですが、60fps以上は表示できるディスプレイが少ないのであまり採用されません。

1秒間に15フレームの15fpsにするとファイルサイズは30fpsに比べて半分ほど落ちる計算になるのですが、動きの滑らかさを失います。

解像度

解像度は3つの中で一番聞く機会が多いと思います。

映像の表示サイズで単位は「pixel」です。

FHDは1920×1080pixel、HDは1280×720pixle、SDは720×480 pixle、などです。

これも元の素材のサイズ次第ではあるのですが、配信先に合わせるのが理想です。

このサイズは大きいほど表示領域が広いのですが、ビットレートの方が画質には大きく影響するので、大きいサイズにする際はビットレートも上げる必要があります。

例えば1920×1080pixelの5Mbpsと1280×720pixleの5Mbpsはファイルサイズは変わらなく、解像度の大きい方が荒れて見えます。

まとめ

以上、簡単にではありますが、動画の変換形式について記載しました。

配信の形式や設定を間違えると「映像が汚い」「チラつく」ばかりか、停まってしまうなどのトラブルにつながる可能性もあります。

様々なメディアで映像を見ることが可能になりましたが、せっかくつくったコンテンツは出来るだけ綺麗に見やすくお届けしたいですよね。

パフォーマでは制作はもちろん、ファイル変換も承っておりますので、何なりとご相談いただければと思います。

詳細は下記リンク先より是非お問い合わせください。

総合企画・プロデュース・制作。すべては、企業ニーズをとことん突き詰めることから始まります。

セールスプロモーションや教育活動を効果的に支援したい。だから表現手法にとらわれず、あらゆるメディアに対応しながら、さまざまな企業ニーズにお応えし続けています。