アルチンボルド展のデジタルサイネージ

著者:パフォーマ

アルチンボルド展のデジタルサイネージ

アルチンボルド展

2017年6月20日(土)〜9月24日(日)、上野 西洋美術館で、開催されているアルチンボルド展。ジュゼッペ・アルチンボルトは、果物で描く肖像画が有名ですが、奇抜なアイデアだけが売りでなく、緻密で表現力溢れ、実に写実的な技巧派です。コスチュームデザインにも感嘆。才能は画だけではなかったことが伺えます。気になる人は、ネットや文献等で調べてみてください。とにかく、アルチンボルド展はオススメです。是非どうぞ。

アルチンボルド展のデジタルサイネージ


入り口からすぐの広場で、観覧者のアルチンボルド風肖像画を作成するイベントが行われています。作成される肖像画の上部にカメラが設置されていて、そこから観覧者の顔を認識し、自動で肖像画を作成してくれます。生成された肖像画は、観覧者の頭の動きや口などと同期して同じような動きをしてくれます。
 
顔加工のアプリは既にプリクラ、スマホでは沢山ありますが、このサイネージ肖像画はかなり楽しめます。髪形・めがね・目鼻口頬・首肩やプラスアルファのパーツだけで、特徴をつかんだ肖像画を生成してくれます。パーツはさほどバリエーションが多くあるわけでもないのに、これほど似せられるのが驚きです。

残念ながらパフォーマでは肖像画生成はしませんが、顔認証サイネージやイベント用サイネージには対応していますので、ご要望の際はお気軽にお問い合わせください。

是非お問い合わせください

セールスプロモーションや教育活動を効果的に支援したい。だから表現手法にとらわれず、あらゆるメディアに対応しながら、さまざまな企業ニーズにお応えし続けています。例えばデジタルサイネージは、システム構築からコンテンツ制作まで幅広い知識と技術が求められる分野です。パフォーマは早くからしっかりと実績を積んでいます。

著者について

パフォーマ administrator

あなたの乗っているクルマ。加入した保険。毎日のコスメ。街で触れたタッチパネルのデジタルサイネージ。それらは私たちパフォーマの制作したSP・教育ツールが関係しているかもしれません。販売する人、購入する人、使う人、みんなから満足していただけるのが私たちの喜びです。 目的・意向を考え抜き、プランニングし、プロデュースし、クリエイティブを重ねていく。それこそがプロフェッショナルな制作会社の在り方だと信じています。ぜひご相談ください。「カタにはまらず、カタまらず」。私たちは既成概念に捉われない柔軟な基本姿勢で、期待を上回る「価値」を提供します。

コメントを残す

コメントは承認待ちです。表示されるまでしばらく時間がかかるかもしれません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください