自動車ディーラーのサービス

著者:パフォーマ

自動車ディーラーのサービス

先日、自家用車の車検がありました。

車検はいつもディーラーにお願いしています。安いところを探せばあるのですがクルマは安全が第一だと思うのでディーラーへだすことにしています。

今回はその他にもディーラーへだす理由はなんなんだろうな?と考えてみました。

クルマの仕事や自動車保険などの仕事もさせて頂いているのでショールームや営業スタッフの雰囲気を見るのも仕事の参考になる。という真面目な理由もありますが、そういう部分ではないものを。

 

予約の際「代車を無料でお出ししますよ」と伝えられていました。車検には2日間かかるとのことだったので非常に助かります。

代車として出てきたのは新型の電気自動車。どうやら試乗車のようです。

「試乗車を2日間も出して大丈夫なのかな・・・」

「前から試乗を勧められていたから返す時に営業されるのかな・・・」

などと懸念しつつも帰路しました。

 

普段、主にクルマを使っている妻も、今のクルマと大きさも変わらないので運転しやすいという印象。

ペダルを強く踏むと分かる電気自動車特有の加速感は怖いとも言っていましたがトルクと加速感はダイレクトで非常に自然な感じがして、発進や追い越しの際も逆に安全なのではと思いました。

また、自宅の駐車場は玄関の真ん前に配置されているので、アイドリングをさせておくと排気ガスが玄関の方向に流れてきます。これはあまり良い感じはしませんが、電気自動車だと排気ガスがでないので改善されます。

 

購入するつもりは無かったのですが、購入するつもりで検討するのは好きなので

「自宅に充電設備工事をしたら・・・(これが意外と安い)」とか

「車両本体価格は・・・(これが高い)」とか

「連続航続距離は・・・(年に数回500キロ弱の長距離を走るのでちょっと厳しい)」

など検討したりドライブを楽しんだりしているうちに2日間は過ぎました。

 

車検完了の連絡をもらい、家族全員で引き取りに。

代車の事には一切触れず(車検通したばかりで買い替えないですよね)、見積もり通りの費用で清算。帰りとなりました。

ここでいつも子供達が楽しみにしている詰め合わせお菓子のプレゼントがあります。

嬉しそうにお菓子をもらった娘が「あれ何?」とめざとくスタッフさんに聞いたのはさいころを振ってでた目の本数のジュースが貰えるゲームのようです。

娘、息子ともに5の目をだして大喜びでした。親としては非常に恥ずかしいのですがいつものことなので慣れました。

ピカピカに磨かれた我が家のクルマに全員で乗り込むと、息子が「あ〜、やっぱりうちのクルマが一番良いや!」と。

営業スタッフさんも苦笑いだったので「乗っている時は好評だったんですよ」と取り繕うしかありませんでした。

ともあれ、2日間電気自動車に乗れて子供達もいつも楽しみに訪れることができる自動車ディーラー。

こんなサービスがいつもあるなら多少高くてもいいのかな?と思って今後もディーラーへ入庫することにします。

著者について

パフォーマ administrator

あなたの乗っているクルマ。加入した保険。毎日のコスメ。街で触れたタッチパネルのデジタルサイネージ。それらは私たちパフォーマの制作したSP・教育ツールが関係しているかもしれません。販売する人、購入する人、使う人、みんなから満足していただけるのが私たちの喜びです。 目的・意向を考え抜き、プランニングし、プロデュースし、クリエイティブを重ねていく。それこそがプロフェッショナルな制作会社の在り方だと信じています。ぜひご相談ください。「カタにはまらず、カタまらず」。私たちは既成概念に捉われない柔軟な基本姿勢で、期待を上回る「価値」を提供します。

コメントを残す

コメントは承認待ちです。表示されるまでしばらく時間がかかるかもしれません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください