高速道路で愛車が故障!さあ、どうする?

先日、愛車で高速道路を走行している時に、故障してしまいました。

お恥ずかしい話ですが、滅多にない貴重な体験でしたので、ここに顛末を記します。

アクシデントは突然に

4月某日。家路に就くため、東名高速道路を東京方面に向かって走っていました。

海老名サービスエリアを過ぎた辺りで、愛車に異変が。

雨が降っていたためワイパーを作動させていたのですが、その動きがだんだんとゆっくりになってきたのです。

道が混雑してきたため車速を落として停止すると、アイドリングが不安定となりメーターの警告灯が点灯し始めました。

TCS、ABS、エンジンの順で次々にランプの数が増えていきます。

まずい、と思いハザードランプを点けて路肩に寄せたとたん、エンジンが止まりました。

現代のクルマだと「アイドリングストップ」なる小洒落たものが付いていますが、車齢27年目を迎える愛車のそれは、間違いなく「エンコ」でした…。

エンジンキーを捻って再始動を試みるも、セルモーターが動きません。

ガス欠ではなく電気系のトラブルのようです。

さあ、どうする——?

実は小職、高速道路上でのトラブルは人生で初めてでした。

HELP!

高速道路で愛車が故障1

後続車に追突される危険があるため、まずクルマから降りて三角表示板を出しました。

助けを呼ばなくてはなりませんが、事故ではないため救急を呼ぶ必要はありません。

辺りを見渡すと、数十メートル後ろに非常電話のボックスが見えました。緑色の看板が特徴のアレです。

駆け寄って蓋を開けると、昔懐かし黒電話のような受話器が。

受話器を持ち上げると、道路管制センターに自動で繋がりました。

センターの方とは、記憶している限りこのような会話をしました。

  • 事故か故障か?同乗者はいるか?ケガは無いか?
  • 現状場所の確認(非常電話に記号あり)
  • 三角表示板もしくは発煙筒を使用してください
  • 危険なので車両から50m後方のガードレール内側に避難してください
  • レッカーの手配は?もしできなければこちらで手配するのでまた連絡をください

入っててよかった任意保険

高速道路で愛車が故障2

次にレッカーの手配。

小職の加入している自動車保険(任意保険)に、レッカーサービスの特約が付いていました。

ヘルプデスクに電話をかけると、非常に落ち着いた男性の声。

証券番号の控えが無かったのですが、氏名、電話番号、ナンバープレート番号を伝えれば大丈夫でした。

先ほどと同じように状況を説明したところ、今度は距離標(キロポスト)の数字を聞かれました。

普段あまり意識をしていませんでしたが、こういう時に役立つものなのですね。

通話が終わる頃、道路公団のパトロールカーが到着したので、レッカーを手配済みである旨を伝えました。

さらに数十分後、民間委託の積載車が到着しました。

最寄りの修理工場では土地勘が全く無いため、東京まで送ってもらうことに。

ちょうど距離が無料保障の範囲内だったため、費用は全くかかりませんでした。

最後に

トラブルに遭った時こそ、その対処法とサービスの重要性を身に染みて感じました。

最後に、この場を借りて本件に関わった方々に深く御礼申し上げます。

ありがとうございました。

(WS)

総合企画・プロデュース・制作。すべては、企業ニーズをとことん突き詰めることから始まります。

セールスプロモーションや教育活動を効果的に支援したい。だから表現手法にとらわれず、あらゆるメディアに対応しながら、さまざまな企業ニーズにお応えし続けています。